息子1歳4ヶ月できるようになったことまとめ

早期教育のメリット

スポンサードリンク

14522874_1785680058355582_5722485536055756700_n

こんにちは!

イクメン目指して勇往邁進中のカケルです。

息子が1歳4ヶ月になりました。

先月できるようになったことをまとめていきます。

 

みーくん!ハーイ!

名前を君付けで呼ぶと、右手を上げるようになった。

これがとっても可愛いのである。

手を上げるという動作もそうだが、何と言ってもドヤ顔がすごい。

ドヤ顔の教科書に載れるくらいキレイなドヤ顔をしながら、右手を上げる。

その後に誇らしげにこっちをみて

「ほら!パパ!僕を褒めるチャンスだよ!」

目で伝えてくるのだ。可愛い。

特になんでもない時に呼んでも手を上げるので、そのたびに褒めてあげるのだが、多いときは10秒に一回ペースでやる。

その内、呼びかけなくても上げてきて可愛い。

 

パパの発音がはっきりしてきた

今まではプォプォに近かったのだが、破裂音がきれいに発音できるようになってきた。

そろそろ英語でも絵本を読み聞かせてもいい頃だな。

 

 

ボールを転がせるようになった

順調にステップアップしている。

1歳のときは、まだ歩けなかったから、ボールはお座りしながら下に落とすことしか出来なかった。

1歳2ヶ月では立って下に落としていた。

今は、下に転がすことができるようになった。

 

物を積むようになった

物の上に何かを置くことは偶然だったのだが、一緒に遊んでいるときに四角の磁石を積むことを覚えたようだ。

 

テレビをみて踊るようになった

これは前から踊っていたらしいのだが、僕は先月に始めてみた。

もう赤ちゃんじゃないんだなぁ。パパ寂しい。

 

この一ヶ月まとめ

育児日記をつけるようにしてから、ちょっとした変化にも気がつけるようになった。

この前は出来てなかったのに、今日はできるようになっている。

ウチの子は天才なのかしらと思う、親馬鹿に正論をつきつける

こんな記事書いておいて、僕が親馬鹿チャンピオンだなと思ったよ。

それくらいに成長を感じ取れる一ヶ月になった。

一ヶ月続けてみて、どんなもんか判断しようと思っていたけれど

ブログは僕に合ってそうだ。

息子の成長と共に僕もパパとして成長しないとね。

これからも気になったことを書いていこう。

 

カケルパパの痛恨のミス

僕の目的のパパ友を作る!という目標のためにツイッターとかフェイスブックとかでパパママを友達にして気がついた。

ほとんどの人がアメブロかライブドアだ・・・

作ってしまったものはしょうがないので、僕はワードプレスで頑張ります。

 

じゃーの!

スポンサードリンク