映画アイロボットをamazonプライムでみた感想

スポンサードリンク

 

こんにちは!カケルです!

最近amazonプライム会員になりました。

オムツが安く買えるようで、嫁の評価もいいです。

 

その中で、プライムビデオがプライム会員は見放題になるっていう特典があるんです!

毎日のように映画を一本見ながら寝る習慣が出来てしまいました笑

昔の有名作品が無料で観られるのでオススメですよ♪

人間がロボットに頼る時代

さて、アイロボットなのですが舞台は2035年のシカゴです。

様々な仕事をロボットに代わりにやってもらうようになった世界

そのロボットたちを制御するのもロボット

ロボットを直すのもロボット

ロボットを作るのもロボット

そしてあらかじめプログラムされたロボットの頭脳に起きるバグ

ロボットは人間に支配される物から人間を管理する物へと変わってしまう

そんなストーリーです

実際に未来はこうなってしまいそうなところが面白いところですね

 

実現可能な技術

この映画は2004年のものなのですが

2016年では実際に実用化まで間近な技術がたくさん出てきています

 

実現可能間近なもの一覧

  • 自動車の自動運転
  • 自動車のエネルギーは電気
  • 学習する人工知能搭載のロボット
  • 感情があるロボット
  • 神経とつなげて動かせる義手

 

アクション

主演がウィル・スミスなだけあってアクション目当てでも楽しめます

彼の映画は大抵バイクアクションと銃アクションがあるのですが、

めっちゃカッコイイです

MV Agusta F4 SPR

イタリアの実際に存在するバイクです

日本のアクション俳優はヒョロヒョロのガリガリでただ身軽なだけという印象です

彼のようなパワーも兼ね備えた肉体の持ち主はなかなかいないですね

最近だと変態仮面ですかね

なかなかカラダを作ってきてますね

もっと日本のアクション映画も流行って欲しいところです

 

ロボットに仕事を取られる未来

この映画ではロボットに仕事をとられる未来が描かれています

人々はそれを受け入れて暮らしているように感じました

実際にそのようなことが起きるのでしょうか

確かに様々なものがロボット化が進み2020年には仕事のいくつかがなくなると予想されています

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36518より引用

 

人間でなくても良い仕事はロボットに取られて

人間でなくてはならない仕事は残る

 

多くの人がそう予測をしています

僕もその一人です

医療の一部はロボットに代わると思っています

一時期のガソリンスタンドがそうだった様に

機械が見てくれるセルフの病院

ヒトが見てくれるサービスのいい病院

そしてそれを選ぶのは患者

そんな時代が来ると思っています

 

知識をいくら得たところで、機械には勝てません

あなたgoogleのサーチエンジンに勝てますか?

無理ですよね

ならば何で勝負するのか?

感情?

表情を付けられるロボットはもう既にありますよ

 

圧倒的な技術しかないんですよ

機械では再現性のない技術を身につけるしか生き残る術はありません

 

芸術分野もいずれはロボット化される

ロボットに感情を持たせる研究はかなり進んでいます

知識欲と学習欲を人工知能に与えると

ロボットが、自分の利益のために自己判断でウソをついたりします

人間くささがロボットにも出てくるんですね

作曲とか絵画とかもいずれはロボットが作ったものにとってかわるのではないでしょうか

 

まとめ

アイロボットはアクション映画でもありますが

迫り来る人間とロボットの一つの共存方法の答えでもあります

また元になった小説「われはロボット」も合わせて読むとなお面白いです

 

個人的には、仕事がなくなり始めると

コミニュケーションをとったり、時間を共有したりするサービスが流行りだして

誰かと一緒に何かをするためのマッチングサービスが輝き始めると思う。

だからこそ、誰かが僕と一緒にすごしたいと思ってもらえるような人間にならなくてはいけないなぁと

納豆食いながら思いました。

 

ではまた

 

 

 

スポンサードリンク