イクメンになりたい元医療人の現Webマーケター

どうでもいい話

褒める言葉が思いつかない人必見!ほめるところを見つける簡単な方法

更新日:

こんにちはカケルです。

中間管理職5年目に突入しました。

僕はある会社の部長であり、また別の会社の社長でもあるのです。

ややこしいです。

そんな上に下に板ばさみされている僕は人を褒めることが得意です。

尊敬できない人なんて褒められないっていう人が多いですが、

じゃあ、あなたはその人の全てに勝てるんですか?といいたい

長所は短所を別視点から見ているだけです。

他人の悪いところばかり見つけてしまう人は、褒め上手になれる可能性がです!

褒めて褒めて褒めまくって人間関係を潤滑にしましょう。

 

まずは短所を見つけよう

冒頭でも書きましたが、まずは褒めたい人の短所を見つけましょう

何故かというと、嫌な部分は探すのが簡単です!笑

例えば、尊敬できない上司を褒めたい場合だと

  • 部下の気持ちを汲み取ってくれない
  • いつも怒鳴っている
  • 偉そう
  • そのくせ仕事はできない

こんな感じですね

性格を把握しよう

続いてさっきの短所に矢印をつけて⇒この短所がある人はどんな性格か想像します。

  • 部下の気持ちを汲み取ってくれない

⇒まわりの気持ちが考えられない

  • いつも怒鳴っている

⇒短気でおこりっぽい

  • 偉そう

⇒自分は偉いと思っている

  • そのくせ仕事はできない

⇒仕事できないのに昇進した

とまあこんな具合にね

逆転の発想をしよう

ここまでくれば、後は簡単です!

この短所の性格たちを、長所に言い換えてあげましょう

もう一度変換します

  • 部下の気持ちを汲み取ってくれない

⇒まわりの気持ちが考えられない
⇒自分の意見を持っている

  • いつも怒鳴っている

⇒短気でおこりっぽい

⇒効率的に物事を進められる

  • 偉そう

⇒自分は偉いと思っている

⇒プライドをもって仕事をしている

  • そのくせ仕事はできない

⇒仕事できないのに昇進した

⇒数字には表れない雰囲気をもっている

 

どうです?

ダメ男ばっかり好きになっちゃう女性の心理がわかりそうでしょ笑

 

語彙力を高めよう

褒めるときは相手の印象に残らないと意味がありません。

あなたならではのフレーズを使って褒めましょう。

ホメテク①例える

何かに例えてホメホメパターンです。

  • そんなに仕事してるのは全盛期のみのもんたか先輩くらいっすよねw
  • 先輩は兎と亀だと堅実に実直に進む亀のほうですね
  • アリとキリギリスだとアリですね!
  • イタリアのデザイナーみたいです!

このように〇〇みたいと例えたり、共通の認識としてプラスの印象のものを引き合いに出して褒めます。

よくある失敗例

  • 先輩は僕の地元の伝説の鈴木さんみたいですね!⇒誰?
  • サルかに合戦だと臼ですね!⇒イメージしにくい
  • 小沢一郎みたい⇒一般人にはマイナスイメージ
  • 韓国のキムチつけるおじさんみたい⇒パンにハムはさむニダ

例えにだす人がプラスの印象になる人かどうか判断しましょう。

ホメテク②一歩すすめる

一歩だけ進んだ状態を仮定してホメホメします

先ほどの短所から導き出したホメホメリストからさらに一歩すすめて

まだそんなこと起きてもいないのに実際に起きた場合を想定してホメホメ

  • 自分の意見を持っている
    ⇒会議とかでもバシバシ意見言いそうですよね?すごいなー
  • 効率的に物事を考える
    ⇒家事とかすごいできそう!奥さんになる人は幸せ物だね
  • 仕事に対するプライドをもっている
    ⇒先輩は仕事に対するプライドもってやってますもんねーそういう人がヤフーみたいな会社を作るんだろうなー
  • キミは数字には出ないけど、みんなの志気を高めてくれるよね。志気だけに会社の指揮者的な存在だな!

こんな感じでホメホメリストの人物だったらこんなことも出来ちゃうと仮定してホメホメします。

まだやってもいないことや、出来ないことでも将来はやれるようになるという仮定が一番相手の心に突き刺さります。

そして、自分はそういう人間なんだって自覚が出てくると、短所が薄れて長所が伸びてきます。

 

ホメテク③私だけは知ってるよ?

効果は抜群だー!

  • みんな勘違いしているだけで、部長の優しさは私はわかってますよ
  • 数字には出てこないけど、キミのプロジェクトへの貢献を私はちゃんと評価しているぞ
  • 先輩が影で頑張っているの、私だけは知ってますよ

破壊力が抜群です。

特に、年下のイケメンを落としたい女性は使ってみてください。

一発で落ちます笑

 

まとめ

悪いところばっかり目についてしまう人っていますよね。

僕もそうです。

褒めて媚びるのではなく、上手に褒めてあげることでこちらで操るイメージです

こんな風にする意味が分からない人や絶対に嫌だという人もいると思います。

でも考えて見てください。

彼らって便利よ?笑

一人では出来ないこともこんな風に人間関係を築いていくと、大きなことが成し遂げられます。

人間関係を円滑にするために、元いじめられっこが必死に編み出した技です。

 

ではまた

-どうでもいい話
-

Copyright© イクメンになりたい , 2018 All Rights Reserved.