嫁が腐女子の僕が腐女子について説明します。

私がモテてどうすんだ 腐女子

スポンサードリンク

こんにちはカケルです。

僕の奥さんは腐女子です。

最近はおそ松君?にはまっているそうです。

今日ふと気になりました。

腐女子っていつから腐女子なの?昔も腐女子はいたの?

そんな疑問です。

というわけで調べました。

腐女子とは

腐女子の定義を物知りのワトソン君に聞いてみました。

腐女子(ふじょし)とは、やおいやボーイズラブ(BL)と呼ばれる男性同士の恋愛を扱った小説や漫画などを好む女性のことである。「婦女子」(ふじょし)をもじった呼称である。以前はヤオラー[注 1]、やおい少女[1][2]とも呼ばれていた。
腐女子という言葉は、1990年代末にネット上で使用が確認されており、2005年頃から一般にも認知されるようになった[3]。元々やおいやオタクは社会にとって病理的な現象の一つだったが、大きなイメージギャップのあるボーイズラブ、腐女子という新しい言葉が使われるようになったことで、男性同性愛を題材にした作品やその愛好者のイメージを刷新することに一役買った[4]。やおい・BLジャンルを好む女性に限らず、オタク趣味を持つ女性全般を指す言葉として用いられることもある[5]。ただし女性オタクでも、男性同性愛をテーマにする作品を好まない人には、腐女子と呼ばれたり、一括りにされることを嫌がる人もいる。腐女子でない女性のオタクは単にオタク、または「女オタク」とも呼ばれる。腐女子は、女性のオタク趣味への罵倒語(蔑称)として使用されることもある[6]。メディアでは2015年頃からメディアで取り上げられることが一段と増え、やおい・BL作品を読むことを公言する芸能人・有名人が増えたこともあり、腐女子の扱いはポジティブになってきている[7]。
年齢の高い腐女子をさす派生語として貴腐人(きふじん)もある[8][9]。同様の趣味を持つ男性は、腐男子あるいは「父兄」をもじって腐兄(ふけい)などと呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%90%E5%A5%B3%E5%AD%90より引用

つまりは生まれ持った性癖って事なのかなぁ?

そういえば中学生くらいの時に僕が野球部の友達と罰ゲームで抱き合ったりキスしたりさせられていた時に歓声が上がっていたのは

そういうことなんだろうか?

ここでは腐女子とは、男同士の恋愛描写が好物な女性という定義で薦めて行きます。

腐女子はいつからいたのか

僕が確認してみたところ、日本で一番古いそういった書籍は稲垣足穂という人が書いた「少年愛の美学」という本です。

見たとおり、少年愛というジャンルが1960年ごろには確立されていたというわけです。

少年愛とは
成人男性と少年男性の恋愛のこと

そしてこのような作品が掲載されていたのは女性誌だったのだ。

名前こそ少年愛というジャンルだが、これが腐女子のルーツなのだろう。

ちなみに稲垣足穂さんは男性です。

その後に、その魂を受け継いだ増山法恵が竹宮恵子と共同で立て続けに少年愛のジャンルの作品を発表して

かなりの支持を得た。

そしてその後には時代小説や推理小説といったジャンルに少年愛(耽美)小説というジャンルを確立していった。

その作品を支持して読んでいたのが当時の腐女子というわけだ。

当時(1980年代)は「やおい」「耽美(タンビ)」「少年愛」などど呼ばれる一つのジャンルだったってわけですな。

1990年代に入ってからはイマージュという雑誌でboys lave comicという表現が使われてからは

ボーイズラブやBLというジャンルに変わった。

僕が生まれたときには既にBLっていうジャンルはあったのか。

ここまでは事実を淡々と述べてきた。

ここからは僕の推理が混ざります。

週刊誌の存在

今まで見てきたように腐女子は1980年代に市民権をえたジャンルでした。

そのころに爆発的に流行ったものをご存知でしょうか?

そう「週刊少年ジャンプ」です。

当時のジャンプは黄金期と呼ばれているくらいに面白かった。

奇面組、キャプテン翼、北斗の拳、ドラゴンボール、シティハンターという今でも好きなキャラクターランキングに乗ってくる面々がもっとも活躍していた時代である。

この頃のジャンプは300万部~500万部を超えていて、大体今の二倍くらい売れていた時期である。

しかも女性読者が3割をい締めていた。

そして同時に、女性の社会的地位を引き上げる運動が盛んに行われていた時期でもある。

これらのことから推理すると、

女性の立場が低かった時代には公にBLが好きだと言えなかった女性たちは、地位を引き上げる運動によって

好きなものは好きと主張してもいいんだと変わってきた。

その結果、ジャンプやマガジンなどの男が読むとされてきたものも読むしBLも読むハイブリッド女子が大勢発生した。

大勢発生したハイブリッド女子達は、好きな作家へファンレターを送ったり、自らで好きなキャラクターを書くようになってくる。

当然、自分が好きなキャラ同士がもしもBLだったらどんな風になるのかも妄想するようになる。

そして形にし始める。

同じ頃に爆発的に増えてきたものがある。

1975年に開催されたコミックマーケットだ。

その妄想をみんなこぞって作品へと昇華させたのだ。

これが大当たりして、現在のコミックマーケットは50万人が来場する一大イベントになっている。

こうやって徐々に腐女子が増えてきたのだ。

半分くらいは僕の推量をもとに成り立っているが、あながちまちがってはいないと思う。

流通の発達

さらに加速させたのが、流通の発達だ。

そういった個人が作った同人誌を取り扱うお店がどんどん出来た。

とらのあななどの店がそうだ。

このように市場規模が大きくなってくると、プロも参入するようになる。

実際に雑誌で漫画を描いていたプロが続々と参入してくるようになる。

そらにそれらをインターネット通販で売り始めて、BLとうジャンルはもはやジャンルではなく

ひとつの市場になってしまった。

とてつもなく大きくなっていったのである。

でてきた問題

市場が成長していく時期には必ず問題が山積みになっていくのが世の常である。

様々な問題が出てきた。

一番大きいのは著作権も問題だ。

同人誌で作者の妄想を形にしたものは二次創作と言う。

原作があって二次創作があるのだ。

これらのほとんどの作品は、原作の許可を得ていないのだ。

バリバリの法律違反であるのだ。

しかし知ってのとおり著作権は親告罪なので、著作権を有している側が問題にしなければ罪に問われることはない。

なので一部を除いて、二次創作で罪に問われることは今のところはないのだ。

同人誌二次創作作家の言い分としては

「著作物なのに権利を主張しないということは権利を放棄しているも同然なので大丈夫」

というものだが、

僕が確認したところ出版社がそういったものを認めているという事実はないので

いつか訴えられたら負けてしまうという危うさがあるのだ。

実際に訴えた例もあるらしい。

「ポケモンの同人誌事件」

描いた人は福岡に住む女性の方で事件が起きる以前から同人活動をしたいました。

これも事の発端は一般の人とオタクの価値観の違いから生まれた事件です。

コレを描いた女性の方は何も知らされず問答無用で「著作権法違反」で京都府警生活環境課に逮捕されました。

問題の同人誌が発売されたのが1998年の夏ころです。

その後ネットで、中学生の女の子がコノ同人誌を通販で買ってしまい母親が見て激怒します(この同人は年齢規制はなく18禁ではありませんでした)

いつものように同人誌を描き販売☛ネットで中学生が買う☛母親が没収☛任天堂に抗議と問題の同人誌を送る☛

任天堂が動き出す☛同人即売会で任天堂が本人から問題の同人誌を直接買う(1998年秋)☛京都府警に被害届けを出す☛京都府警が動き出す☛

急遽捜査本部設置☛数十人の捜査員が動員される☛数ヶ月にも及ぶ張り込みや内偵捜査をする☛逮捕状が出される☛何を勘違いしたのか警告もなしに身柄拘束の逮捕に乗り出す

京都府警も同人誌の存在を知らなかったようで過激な処置をしたのだとか・・・(暴力団との関係も疑っていた)

1999年1月13日の早朝に何の通達もなく犯人の女性が住むマンションへ突入!

女性は???で呆然とするも証拠品(?)を次々と押収、その後に著作権法違反・複製権の侵害の疑いで女性を逮捕しました。

http://ichigoichie.jpn.com/post-5975-5975.htmlより引用

腐女子用語

腐女子には用語というものがあるらしい

タチ【たち】
■意味
「攻め」の別称。

■用法・用例
タチの反対はネコっていうんだよ。

http://www.fujyoshi.jp/main/yougo_daijitenより引用

用法・用例にも辞書がいると思うんだ。

独特の世界観で話をするためにはこういった用語を駆使して話をしなければならないらしい。

僕が嫁と最近観ているアニメの「私がモテてどうすんだ!」でもしばしば僕は上記のような現象に陥る。

用語がわからないのである。

おそらく対象は腐女子向けのアニメなのだろう。横では嫁がうんうんとうなづきながら観ている。

アニメのオチを先読みして言うのはやめて欲しい。

そして全てのオタクに共通するのだが、沸点がわけがわからなさ過ぎて恐い。

アニメでも急にスイッチが入ったように主人公の腐女子が喋りだすのだが、

「あー嫁がこんな感じでまくし立てるように話すよなー」

と思いながら見ていた。

腐女子及びオタクの皆さんにはお願いです。

急にスイッチを入れるのは辞めてください。恐いです。

そして早口すぎて何言ってるかほとんど聞き取れていないです。

何卒よろしくお願いいたします。

アニメをみながら嫁の解説が必要な感じですが、結構面白いですよ「私がモテてどうすんだ!」

Amazonプライム会員になったので、僕はAnazonで見てます。

まとめ

腐女子とはカテゴライズではない。生き方だ。

という名言をあちこちで聞きました。

男がいう「クラナドは人生」と似たようなものでしょうか?

しかし違うのは、そこに女性っぽさがあるところです。

キャラの誕生日をキャラケーキを用意してみんなで祝ったり

お互いの好きなカップリング(推しカプと言います)を話し合って友情が芽生えたり壊れたり

男同士ではまずやりません。

そんな腐女子たちが今の日本のオタク文化を支えているのです。(言いすぎたw)

 

僕は腐女子の文化に触れてビックリしたことはまだまだあるので近いうちにまた紹介します。

 

ではカケルでした。

スポンサードリンク