大人が見ても面白いアンパンマンの映画作品6選

いのちの星のドーリィ

スポンサードリンク

こんにちはカケルです。

子供が小さいとアンパンマンをみせますよね。

あの丸いフォルムに乳幼児は強烈にひきつけられてしまうわけです。

僕もアンパンマンで育ちました。

 

でも子供と一緒にみるのはちょっと・・・というあなたのために

大人が見ても面白いアンパンマンの映画を6つ紹介します!

 

大人が観ても面白いアンパンマン映画

 

とべ!とべ!ちびごん

あらすじ

弱虫なちびドラゴン・ちびごんは、ドラゴン島でホラーマンと一緒に空を飛ぶ練習をしていた。しかしなかなか上手く飛べず、海に落ちてしまう。
海を漂流している所をアンパンマンに助けられ、しばらくパン工場で暮らすことになったちびごん。みみせんせいの学校にも通い始め、カバオくんやウサ子、ピョン吉たちと友達になる。
しかし、ある晩に緑の玉がドラゴン島をメチャクチャにしているばいきんまんとドキンちゃん、それから逃げるホラーマンを映し出す。島とホラーマンを助ける為、ちびごんはアンパンマンと一緒にドラゴン島へと向かった。

出展:ウィキペディア

友達ってこうだよねっていう作品。

弱虫なちびごんが友達のために精一杯の勇気をだすシーンは最高です。

ホラーマンは敵としてでてくることが多いですが、今回は味方です。

毎回そうだがばいきんまんの作るロボット作品が僕の中二病をくすぐってくる。

機械が好きな人は納得のロボットだといえる。

そしてジャムが良い味だしている。

このジャムって人はどんな経験してこんな仙人みたいになったのだろうか?

今度面接を受ける機会があったら尊敬する人はジャムですって答えよう。そうしよう。

 

ばいきんまんの逆襲

あらすじ

今日もアンパンマンにやられてしまったばいきんまんは、ばいきん仙人から不思議な力を秘めたメコイスの壺の話を聞かされ、その壺を探しにドキンちゃんと共に出掛ける。その頃、ばいきんまんと同じく壺を探していた女の子・ヤーダ姫と相棒のレッサーは、ついにメコイスの塔で壺を見つける。しかしそこに新兵器・だだんだん3号を操縦したばいきんまんが現れて壺を奪われてしまった。アンパンマンに助けられたヤーダ姫は、パン工場で身体を休めた後、再び壺を取り戻す為にアンパンマンやジャムおじさん達と共にばいきんまん達を探しに向かう。ところが、ばいきん仙人からもらった変身玉で色々な怪獣に変身したばいきんまんがアンパンマンに襲いかかるが、アンパンマンとヤーダ姫はジャムおじさん達の助けによりばいきんまんから壺を無事に取り戻し、ヤーダ姫の祖国・ヤーダ国へ向かう。国へ到着した後ヤーダ姫が壺の封印を解いたその時、もぐりんに乗って再び現れたばいきんまんが壺の魔法で巨大なばいきん大魔王に変身して大暴れ。果たしてアンパンマン達は大魔王を元のばいきんまんに戻し、壺を取り戻してヤーダ姫の祖国を蘇らせられるのか…?

出展:ウィキペディア

ガンダムでいうと逆襲のシャアみたいな感じね(全然違う)

歌が最高です。

ドリーミング最高かよって映画です。

物語もわかりやすく進んでいきます。

とってもわかりやすい作品です。

ばいきんまんが色々変身するのですが、それが楽しいです。

作中に出てくるヤーダ姫と祖国ですが、当時の日本を皮肉った内容になっていると思います。

この用にアンパンマンは社会風刺もやるんです。

 

そらとぶ絵本とガラスのくつ

あらすじ

ある日、うさぎ図書館で「シンデレラ」の続編となる本を見つけたメロンパンナ。その内容は誰もが知っているシンデレラのお話ではなく、ガラスの靴が突然二手にわかれて、シンデレラと結婚した王子様が離れ離れになってしまいおとぎの国も不幸になってしまったという内容だった。
その夜、メロンパンナが「おとぎの国に行ける事が出来たら、ガラスの靴を見つけられるのに」と物思いに耽っていると、絵本の中からふくろうのホッピーが現れた。ホッピーの話によると、魔人ガラゴンのせいでシンデレラの住んでいるおとぎの国がメチャクチャになってしまったとの事。ガラスの靴を見つけられれば、おとぎの国も元通りになるのだ。
アンパンマン達は絵本のトンネルをくぐりおとぎの世界に向かった。しかし、その様子を見ていたばいきんまんとドキンちゃんも、アンパンマン達の後を追っておとぎの国へ。ガラゴンを騙してアンパンマンをやっつけようと企むばいきんまんとガラスの靴を見つけておとぎの国のお姫様になろうと思っているドキンちゃん。
果たして、ガラスの靴の行方は。そして、おとぎの国は元の平和な世界に戻るのだろうか。

出展:ウィキペディア

希望がテーマになっている。

敵キャラも魅力があるという珍しいパターンです。

孤独感や劣等感なんかも裏テーマとして隠れています。

大人にこそ見て欲しい作品

 

つみき城のひみつ


あらすじ

川に流され滝から落ちそうになるブロック王子とガランガラ大臣を助けるアンパンマンとカレーパンマン。
パン工場に戻って2人からわけを聞くと、「キュービクル王子」と名乗る男が現れ、彼によってつみき島を追い出されたと言うのだ。アンパンマンは2人を連れてつみき島へ向かう。
一方その頃、つみき島の隣にあるおりがみ島には、しょくぱんまんや学校の子供達、どんぶりまんトリオが遠足に訪れていた。オリガ姫に折り紙を教えてもらい楽しんでいたが、しょくぱんまんとオリガ姫を乗せた空飛ぶ折り鶴がキュービクル王子の作った積木の竜巻に巻き込まれてしまい、オリガ姫が行方不明になってしまう。果たしてアンパンマンン達はオリガ姫を救出し、つみき島を取り戻す事は出来るだろうか――。

 

名作。
慣習とか、しきたりとかそんなものは人命の前には関係ない。
国同士の戦争になりそうなところを王子と姫がとめようとする。
ハリウッド化してもいいと思うの。
主演は、ヴァネッサ・ハジェンズとザック・エフロンでお願いしますw
アンパンマンの映画は全て挿入歌もあるし、セットも簡単に作れるものばかりだからミュージカルとかで応用しやすいと思うんだけどあんまりないよね。
この作品は作者の戦争に対しての想いも詰まっていると感じます。
仲たがいをするのはもちろんあるとは想う。
しかしお互いが自国民の幸せだけを考えて動いていると、パワーのあるほうが勝つに決まっている。
同じ生き物としてあるべき姿はこうだ!っていう答えなのかもしれません。

ちなみに良くあることだけど山寺宏一が一人五役やっている映画でもあるw

 

ハピーの大冒険

あらすじ

アンパンマンに憧れている男の子・ハピー。ある日、戦う彼のかっこいい姿に憧れ、住処であるドデカツリーを飛び出す。長旅の末アンパンマンと出会ったハピーは彼に弟子入りするが、人助けばかりで地味なアンパンマンの日常にがっかりする。
そんな時、謎の毛虫・グリンガを連れたばいきんまんが登場、力で相手をねじ伏せる悪の道へとハピーを誘う。やがて、怪物に変身したグリンガに食い荒らされて絶滅寸前になってしまうドデカツリー。必死で守ろうとするアンパンマン。そのときハピーが見たアンパンマンの真実の姿とは…。

出展:ウィキペディア

正義とは何か?がテーマの作品。

今まであげてきた作品と比べると、年々子供向けの側面が強くなったように感じていた。

そんな中で発表された作品が本作品である。

ハピーを通して、アンパンマンが人助けをする理由だったり

彼の信念だったりを我々に伝えてくれる。

社会に生きている中で、僕が捨ててきたものをまた拾い集める気持ちになれた作品です。

 

いのちの星のドーリィ

あらすじ

アンパンマン達が住む町では、かつて不毛の地だったこの世界を水と緑の豊かな世界にしたと言われる「いのちの星」に感謝するための祭の準備が進められていた。
ある日、いつものようにパトロールをしていたアンパンマンは海に漂っていた一体の人形「ドーリィ」を見つけ、彼女をパン工場へ連れ帰る。その日の夜、パン工場に一つの「いのちの星」が降ってきてドーリィの体に宿り、「いのちの星」によって命を得たドーリィは自由に動けるようになり、翌日から町で生活を始める。
生きていることや自由に動けることを喜んだドーリィは、自分の好きなことだけをするようになり、そのわがままな行いで町の人々を困らせてしまう。さらに、自身を助けてくれたアンパンマンの「困っている人を助ける為に生きる」という考えまで否定してしまった。やがてある日、ドーリィは自分の「いのちの星」が体に溶け込んでおらず、徐々に小さくなっていることに気づき、このままでは元の人形に戻ってしまうと恐れ始める。

出展:ウィキペディア

涙腺が崩壊します

これぞアンパンマンの真骨頂です。

テーマは生きる意味。

これだけで小説が作れそうなくらいの濃厚な物語。

3時間くらいのもので作り直して欲しい。

50分は短すぎる。

アンパンマンの何のために生きるのか?を説いた本作品ですが、彼はぶれません。

一貫して、みんなの夢を守るために生きています。

そういったところにも僕は憧れます。

見ず知らずの人に持っているパンを分け与えることが僕にはできない。

僕は愛と勇気に満ち溢れた心を持っているだろうか。

体が大きくなるにつれて心も大きくなる。

そんな風に考えていた時期が僕にもありました。

そんなアンパンマンの勇気と愛を堪能できる作品です。

大人がみて一番面白いと感じるのはこの作品でしょう。

なんと言っても、原作者が大人用につくった作品なのですから。

 

まとめ

今回ご紹介した作品は全て映画版です。

アンパンマンワールドの住民たちは、ほとんどが疑うことを知らない素直な人たちで構成されています。

だからばいきんまんに簡単にだまされてしまうんです。

助け合いの精神、それこそ愛と勇気にあふれた生き物たちが生活しています。

対して我々はどうでしょうか?

アンパンマンの世界に住めるでしょうか?

社会全体が疲弊している現在はアンパンマンの世界から学ぶことは多いのではないでしょうか。

人間ではなくパンだからこそにじみ出てくる人間らしさは少なくとも僕は持っていないです。

生きる意味に悩んだり、人生(パン生?)を楽しむために色々チャレンジしたりと

アンパンマンとその仲間たちは毎日を懸命に生きています。

1日1日を大切にすることも我々は忘れがちです。

アンパンマンの世界には通貨もなく、物と物の交換が基本です。

もっというと善意と善意の交換です。

たまに行き過ぎてしまうキャラもいるけれど、そこにあるのはみんなの役に立ちたいという利他の心です。

善意も行きすげてしまうと悪意とかわらないこと(包帯マンとか)

それでも自分の正義に従って生きていれば誰かが認めてくれること(りぼんへびとか)

そんな様々なことを彼らから学ぶことが出来ます。

是非一度、そんな彼らの作品を見てあげてください。

きっと僕の言っている意味が分かるはずです。

 

おまけ:アンパンマンの魅力

はい。

僕がどれだけアンパンマンが好きかを語るコーナーです!笑

暇なひとは見てってください

それではアンパンマンの魅力について語っていきます。

パンゆえに

アンパンマンはパンです。

ジャムおじさんが心を込めて作ったアンパンに

流れ星がえんとつに入ってきてしまいます。

そのときに星のいのちをもらって誕生したのがアンパンマンです。

なのでアンパンマンはパンなんですね。

アンパンマンはパンなので弱点があります。

顔のパンの部分が濡れてしまうと、力が出なくなってしまいます。

そこにも魅力を感じます。

僕は完璧超人が嫌いです。

感情移入が出来ないからです。

憧れもしません。

アメリカのヒーローや昔の日本のヒーローに多いのですが、

明確な弱点が女好きであるところとか、ちょっと抜けているところだとかで

まったく弱点になっていないことが多いです。

その点、アンパンマンは違います。

水に濡れるという一日に何度も僕が経験するようなことで大ピンチになってしまうのです。

ここにアンパンマンの魅力が隠されています。

アンパンマンが水に入るときにガラスのヘルメットをするのはご存知ですか?

何故アンパンマンは、常に顔をガラスのヘルメットで覆わないのでしょうか?

そうすれば突然の雨からも身が守れるし、ばいきんまんにやられてピンチになることもないです。

答えはアンパンマンの信念は戦うことではないからです。

アンパンマンはパンです。

パンなので、生き死にの観念がありません。

その中で、彼がたどり着いた答えが「みんなの夢を守ること」

アンパンマンの歌詞に込められています。

何が君の幸せ?何をして生きるのか。わからないまま終わる そんなのは嫌だ

中略

そうだ 嬉しいんだ 生きる喜び たとえ 胸の傷が痛んでも

ああ アンパンマン 優しい君は いけ みんなの夢守るため

出展:アンパンマンのマーチ 

アンパンマンの苦悩の日々を第三者目線からみた歌詞です。

読み解くと

アンパンマンが自分の幸せとは何か。生きるとは何か。

パンである自分はどう生きるべきか。

わからないまま適当に生きて終わってしまうことは嫌だということは今の自分でもわかる。

そしてアンパンマンは気がつきます。

生みの親のジャムのおじさんにも言われます。

まだ生まれたばかりで上手に飛べないアンパンマン(赤ちゃんぽい見た目)。

カラスを追いかけてアンパンマンは崖から落ちます。

そのアンパンマンを助けようとしてジャムも追いかけて崖から落ちます。

バタコ号泣。

そりゃそうだ。家族と言ってもいい二人ががけから落ちてしまったのだから。

するとアンパンマンが人生初めての人助けをした。

空中で体勢を立て直して、ジャムおじさんをキャッチしてゆっくりと崖に戻ってきたのだ!

そこで以下のやりとりがある。

ジャム「お前には力がある。勇気も優しい心もある。ありがとうアンパンマン」

アンパンマン「僕、胸の中がとってもほかほかしてるよ。人を助けるってこんなに胸が温かくなるもんなの?」

ジャム「そうさ!大きくなったらきっとみんなの役にたつことができるぞ。」

アンパンマン「わーい!」

出展:アンパンマン第一話「アンパンマン誕生」

この体験から、アンパンマンは人を守るために自分は生きていくことにしようと決心するのです。

なのでアンパンマンの信念は悪と戦うことではなく守ることなのです。

なので、アンパンマンはガラスのヘルメットを常にしません。

お腹が空いた子供に自らの顔を差し出すときに邪魔になってしまうから

彼の信念がそうさせているのです。

弱点があることは自分でもわかっています。

しかし信念のためには、ヘルメットなど邪魔でしかないのです。

ここにアンパンマンの心の力の強さがうかがえますね。

それを、作中ではこういっています。

宝石のような勇気と。

ギャグも面白い

アンパンマンを語る上で欠かせないのが、ギャグ描写だ。

しょくぱんまんはご存知ですか?

彼はキザなパンでいちいちカッコつけたがるのだ。

作中でもドキンちゃんに好かれている。

そんな彼だが、なんと話のオチに使われることが多いのだ。

アンパンマン、しょくぱんマン、カレーパンマンにはそれぞれテーマソングがある。

アンパンマンはみんなも知っている主題歌だ。

カレーパンマンはコチラだ

カレー色した夕焼けに黄色いマントをなびかせてカレーの匂いさせながら

カレーパンマン飛んで行く!カレーカレーカレー ぴリリと辛いぜー

カレーカレーカレー カレー

出展:とべ!カレーパンマン

聞いてもらえればわかるのだが、めちゃめちゃカッコイイ。

ちょっとドリカムっぽい感じのイントロで始まって

大黒真紀っぽい曲調で進んでいく。

めっちゃ本気だしてる。

やなせたかしじゃなくてTAKASI YANASEになってる。ヤバイ。

これに対してしょくぱんマンのテーマがコチラ

誰でもー 知ってるー しょくぱーんま~~ん

出展:おなじみしょくぱんまん

これである。

この曲が超ダサイのだ。

本人もこの曲が流れている時に苦い顔をしている(パンなのに)

他にも自動車レースをしていて、しょくぱんマンだけ川に流されたり

映画ではドキンちゃんが作ったマントで飛んで

上手く飛べずに折り紙で出来た木に衝突したりと散々である。

こうしたコミカルな役を二枚目(食パンだけに)の彼がやるところにこだわりを感じるのだ。

正直いちばんこの役が似合うのはカレーパンマンだ

すぐ調子に乗るし、自分のことは俺様と呼ぶし、その割りにコミカルなキャラクターだし。

しかし、実際はしょくぱんマンにやらせている。

こんな話がある。

モヤモヤ星人がこの世にいたとして、モヤモヤ星人のキメポーズが変なポーズだったとしよう。

これをモヤモヤ星人と、その辺にいる大人しそうな女子高生がおなじポーズをとった場合は

どちらが面白いだろうか?

圧倒的に後者なのだ。

普通の人が普通ではない事をすると面白くて

普通ではない人が普通のことをするのは面白くないのだ。

その点を作者は理解して、あえて二枚目(食パンだけに)の彼を三枚目(食パンだけに)役にしたのだろう。食パンだけに。

そういった笑いの部分もアンパンマンの魅力である。

感動する話もある

イタイノトンデケダケの話をします。

アンパンマンマニアの間では、必ずでてくる話なので

アンパンマンマニアの方には少しご辛抱いただいて、ついてきて欲しい。

あらすじはこうだ。

食中毒になってしまったみんなを救うために、ある洞窟に生息するキノコをとりに行くことになったアンパンマン

その名もイタイノトンデケダケ。このキノコを煎じて飲まないとみんなが危険らしい。

それをきいていた バイキンマンが先回りしてキノコをめちゃめちゃにします。

アンパンマン呆然。

ばいきんまんが高笑いしていると川に落ちてしまいます。少しだけ残ったキノコと一緒に。

アンパンマンが救えるのは、キノコかばいきんまんのどちらか一方だけ。

アンパンマンは悩んだ末にばいきんまんを助けます。

ばいきんまんを岸まで運んだアンパンマンは力尽きて倒れます。

それをみたばいきんまんは、キノコをめちゃめちゃにした自分を助けたアンパンマンをバカにします。

しかし、言葉とは裏腹にばいきんまんはキノコが残っていないかを探しに行きます。

そうやって苦労して見つけたキノコをアンパンマンの側においてばいきんまんは去っていきました。

もうね。一回みて。

僕の文章力じゃこの感動を伝えきれないわ。

ある程度ばいきんまんとアンパンマンの立ち位置を把握している人だったら感動するよ。

思わず腐女子もアンパンマン×ばいきんまん書いちゃうレベルだよ!(実際にあるよ!)

そんなツンデレばいきんまんが光るときがたまにあるんですね。

アンパンマンたいそうの回もそうでした。

ばいきんまんは拗ねていた。自分抜きで楽しそうにみんなが踊っている。

それが気に入らないばいきんまんは嫌がらせをします。そして撃退されますw

そこでアンパンマンが一言

パン「一緒に踊ろうよ」

ばい菌「誰がお前なんかと!」といいつつ加わるー

この話もツンデレばいきんまんが楽しめます。

こんな風に、ばいきんまんがアンパンマンと仲良くしている話もたくさんあって

マニアの間では名作・神回として有名です。

 

乳幼児に不動の人気

アンパンマンは乳幼児に人気です。

それも何十年間も。

いったい彼のどこに惹かれるのでしょうか。

アンパンマンはパンの部分と体の部分で色がはっきりと分かれています。

乳幼児は色の見分けが苦手なため、彼のようにはっきりした男が好きなんでしょう。

特に赤色は最初に見分けがつくようになる色なので、赤を使ったキャラクターは好かれ易いのです。

アンパンマンは基本的に丸で顔が構成されています。

目、鼻、頬、顔の輪郭もそうですね。

乳幼児は形を認識する能力も大人より低いです。

まずは丸を認識できるようになるんです。

そのために、丸のみで構成されている彼は乳幼児にとって識別がしやすくて

親しみやすいのです。

親の影響

そんな風にアンパンマンに食いついている我が子を見ていると、つい

おや「アンパンマンって言うんだよ」と教えたくなりますよね。

こうなると、あの丸はアンパンマンって言うんだと乳幼児は覚えてしまいます。

そして自分の子供が、アンパンマンを見たときに

子供「あんあんまん」

っていったらどうします?褒めちぎるよね。

おや「すごいねー!アンパンマンいえるようになったんだねー!」ってね

そうなったらもう乳幼児はアンパンマン一直線です。

丸い時計みたらアンパンマン、ボール見たらアンパンマン、ちょっと太った丸い親戚のおじさんをみてもアンパンマン

そうして1歳までは入場料無料のアンパンマンミュージアムに連れて行ってしまうのです。

もう子供たちのなかではアンパンマンが好きな自分は親に褒められるの図ができているため嫌いにはなれません。

発音しやすい

アンパンマンは「ン」が3回もでてきます。

この「ン」は発音しなくても意味が通じてしまうのです。

我が子「あーあーまー」褒めちぎるよね。

そうなったらもう乳幼児はアンパンマン一直線です。

丸い時計みたらアンパンマン、ボール見たらアンパンマン、ちょっと太った丸い親戚のおじさんをみてもアンパンマン

そうして1歳までは入場料無料のアンパンマンミュージアムに連れて行ってしまうのです。(アンパンマンミュージアムいいよ!)

わかりやすいストーリー

  1. ばいきんまんイタズラする
  2. アンパンマン調査
  3. ばいきんまんの仕業だと突き止める
  4. 一度ピンチになる
  5. 新しい顔よーで超剛腕バタコが9回をぴしゃりと抑える
  6. アンパンマン復活ッッッ!
  7. あっさりやられるばいきんまん
  8. ジャムが良い事いって〆る

というわかりやすいエピソードで進んでいきます。

ほとんどの話がそうです。

なので乳幼児でも流れがわかり易いです。

いわゆるお約束の楽しさを覚えるのです。

僕「しまったしまった」

「しまくらちよこ」

みたいなお約束の面白さがありますよね。

乳幼児はそのお約束の楽しみ方をアンパンマンで学ぶのです。

我が子が夢中になるわけですね。

 

最後に

僕のアンパンマン愛は伝わったでしょうか?

大人になればなるほど信念を貫き通すアンパンマンがかっこよく見えてきます。

本編の映画紹介よりも長くなってしまった笑

 

ではまた!

スポンサードリンク