僕が5年間吸っていたタバコを一瞬で禁煙した方法

タバコはやめられる

スポンサードリンク

こんにちはカケルです。

僕は喫煙者でした。

両親共にヘビースモーカーだったので、タバコを吸うことに全く抵抗がありませんでした。

21歳の時に吸い始めたのですが、ちょっと前にやめました。

僕がどうやってタバコをやめたのかをお教えします。

何故たばこを吸うのか

そもそも何故タバコを吸うのかの話からしましょう。

コミュ力ない人のコミュツール

僕は様々なバイトをしてきました。

その中で一番最初のコミュニケーションになるのがタバコでした。

喫煙者が煙たがられてきている最近の社会ではタバコを吸う新人はそれだけで可愛がられます。

そうやってタバコを吸うということがコミュニケーションの手段の一つになるんですね。

喫煙所ではくだらない話をしたりして徐々に職場の人と打ち解けていきます。

コミュ力のない僕はそれがありがたかったです。

ヒトが集まるところには必ず派閥がありますよね。

その派閥に無条件で入れる許可証。それがタバコなんです。

上司は吸っている事が多い

会社員になった後は上司が吸っていることが多かったです。

僕は上司に恵まれていまして、面白い人が多かったんですね。

喫煙所でも昔やった失敗談とか、業界の闇の部分の話とかそういった話を聞くのが好きでした。

大半がくだらないこと話してますけどねw

そうやって僕はタバコを吸わない同期よりも上司に好かれる速度が早くて、最年少で責任者になりました。

かっこいいっていう風潮

タバコ吸うことがカッコイイっていう風潮がありますよね。

僕もカッコイイと思います。

なぜかはわからないですが、タバコ=カッコイイの図式は成り立つように感じます。

ドラマや漫画などの描写のせいだと思うのですが、正確にはわかりません。

パッと思いつくだけでも

ワンピースのサンジ、スモーカー

ナルトのアスマ

ルパン三世のルパン、次元

銀魂の土方

などなどたくさん出てきます。

少女マンガでもNANAとかはめっちゃ吸ってますね。

こういった文化にずっと触れていたので、タバコがカッコイイという認識が僕の中には出来上がっています。

タバコを吸う理由の結論

  • コミュニケーションのツールとして
  • 出世するためにも使える
  • タバコを吸うことはカッコイイ

こういった理由で僕は吸ってました。

タバコをやめる方法

では僕がどのようにしてタバコをやめたかを話しましょう

息子が生まれた

僕に息子が出来ました。

息子ってとっても可愛いんです。

でも喫煙した煙が僕の服にはついています。

それが子供の喘息たアレルギーの原因になります。

なので僕は服を脱ぐか着替えるまでは息子を抱っこすることも近づくことも出来ない状態だった訳です。

息子可愛い

可愛い息子が僕のせいで喘息になってしまったらたまりません。

なので、極力帰ってすぐは近づかないようにしてました。

ひとり寂しく別の部屋でタバコを吸ったあともしばらくは息子の近くには寄れません。

その瞬間にやめました。

それから一本も吸っていません。

息子と触れ合いたい欲>タバコをすう欲

もう尊敬できる上司もいないし、部下ともタバコ吸いながらコミュニケーションをとるわけでもない。

出世も興味ない。

嫁はタバコ吸う僕をカッコイイとは思っていない

など他にも様々な理由があります。

でも一番の理由は帰ってきてすぐに寝ている息子のほっぺにスリスリしたかったからですw

やめた今では念願の帰宅後すぐにほっぺスリスリが可能です。

たまに起きちゃうので、嫁にはブチギれられますw

横でやめろという嫁を無視して息子のほっぺにスリスリしておでこにチューする瞬間に

タバコ辞めてよかったなぁとしみじみ思うのです。

まとめ

タバコは百害あって一理なしと言いますが、実際に良い部分もあるのです。

パーキンソン病にかかりにくくなるという統計データもあります。

発想力が増すという統計も出ています。

良い面も悪い面も見てみて

自分が何故タバコを吸っているのか

それらを紐解くと、やめるきっかけがつかめると思います。

また、やっぱり必要だなと自分が思ったらまた吸えばいいのです。

しかし、喫煙者の人に

僕「吸う必要が出てきたらまた吸おうと思ってる」

というと

喫煙者「せっかくやめたんだからもったいないじゃん!羨ましいわ。」

という反応が大半です。

僕がジャンプを惰性で読んでしまっている様に

喫煙者も本当はやめたい人が多いのかもしれませんね。

 

ではまた。

スポンサードリンク