数学の力で聞きにくいことを聞いてみよう!

数学パズル

スポンサードリンク

こんにちはカケルです!

一時期ぼくのまわりで流行ったクイズがあります。

今でも合コンとかでは利用されているのでしょうか?

早速こちらのクイズを解いて見てください。

 

あなたが運命の人と出会える年齢を当てます

 

自分の年齢を思い浮かべてください。

思い浮かべましたか?

そこに×2をしてください。

あなただけではなく運命の相手の分の人生を背負うための×2です!

更に+12しましょう。

12という数字は西洋で昔から使われている黄道12正座の12です。

計算できたら今度はその数字に×100をしましょう。

いうまでもなく相性が100%の意味の100です。

出てきた数字にあなたの付き合った人数を2倍したものを足してください。

もちろん通常は2人で愛を育むものですから2倍です。

1人恋愛だったり3人以上の同時の経験がある人も2倍で結構ですよ。

 

ではここからはあなたの要素を引いて相手の要素にはいります。

数字を2で割りましょう。あなたの要素を削るためです。

そこから600を引きましょう。

現存するといわれている悪魔の数を引きましょう。二人の仲を裂かせないためにも。

では数字を教えてください。

 

2500ですか?

あなたは男性なので、18歳の誕生日から2500日後に出会えますよ♪

 

正しく行うと付き合った人数と年齢がわかる

 

試しに26歳でつきあった人数が3人という人物でやって見ましょう

  • 自分の年齢に2をかける

26歳×2=52ですね

  • そして12を足します

52+12=64

  • 100をかけます

64×100=6400

  • 付き合った人数×2を足します

6400+(2×3)=6406

  • 2で割ります

6406÷2=3203

  • 600を引きます

3203-600=2603

 

もうわかりましたね。

2603 つまり年齢が26歳で付き合った人数が3人です。

大学時代にこの方法でたくさんの文系の彼女いない歴=年齢をあぶりだしました笑

理系は流石に引っかからなかったです。

 

ではそんな仕組みか見ていきましょう。

 

数学トリック解説

年齢をY、付き合った人数Xをとします。

  • 自分の年齢に2をかける

2Y

  • そして12を足します

2Y+12

  • 100をかけます

200Y+1200

  • 付き合った人数×2を足します

200Y+1200+2X

  • 2で割ります

100Y+600+X

  • 600を引きます

100Y+X

 

こうなるんです。

つまり年齢に100をかけたもの+付き合った人数になるんです。

その数を教えてもらうので、一発でわかってしまうんですね。

2705⇒27歳で5人

2800⇒28歳で0人

ただ注意点がひとつあります

付き合った人数が3桁の人には通用しない事です。

24歳で101人の人がこのクイズをした場合は

2501になってしまって25歳で1人になってしまうのです。

まあ後から実年齢を聞けば良いんですけどね。

こんな感じで数学を利用した飲み会で盛り上がるクイズでした!

 

数学クイズまとめ

このようなクイズはたくさんあります。

この知識は中学生でならうもので説明できてしまうくらい単純なものです。

ほかにも数学のクイズやパズルには面白いものがたくさんあるのでまた紹介していきますね!

 

ではまた!

スポンサードリンク