イクメンになりたい元医療人の現Webマーケター

どうでもいい話

部活週休2日になったら公立高校はどうすればいいのか。

更新日:

こんにちは!

元高校球児のイクメンWEBマーケター、カケルです。

僕は昔は高校生のフィジカルトレーナーを副業でやっておりました。

プロの試合に帯同したこともあるくらいの知識はあります。

といっても全トレーナーの中ではあまり腕がいい方ではないですがw

「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」づくりを進めているスポーツ庁の検討会議は23日の会合で
これまで「中学校では週2日以上の休養日を設ける」としてきた活動時間の目安について審議中の原案に、高校の部活動も原則対象として盛り込むことを了承した。
1月公表のガイドラインの骨子案では、高校は対象外としつつ「基準の準用を期待する」としていたが、会議で「高校でも守ってほしいとのメッセージを強く出すべきだ」との意見が強く出たことを踏まえて修正した。ガイドラインは3月中旬ににも正式にまとまる見込み。

日刊スポーツより引用:https://www.nikkansports.com/baseball/column/techo/news/201802270000369.html

公立高校の部活動は週休2日になるようです。

これによって公立高校は更に私立高校との実力の差を広めてしまうことになります。

では、公立高校の生徒たちはどうすればいいのでしょうか?

答えはこうです。

効率高校になればいいのです。

日本の練習は無駄が多い

練習時間が私立高校よりも更に圧迫されてしまうのならば

より効率的に練習するしかありません。

 

なので無駄な練習や非効率な練習は徹底的になくすべきです。

そして、自分たちで自分たちが強くなるためには何が足りないかを考えて

そこから練習メニューを決めるべきです。

 

これはプロレベルでは当たり前にやっていることです。

何故、アマチュアは非効率な練習をやっているのでしょうか?

以下の3点が考えられます。

  1. 教育の場だから
  2. 指導できる人物がいないから
  3. 昔からそうだから

教育の場だから

生徒が自分の意図と違うことを言ったりすると

監督
目上の人に口答えをするな

といって意見を聞き入れなかったり試合に出さなかったりする指導者がいます。

そして、個人競技だろうと団体競技だろうと部活中には全員が同じ練習をすることで団体行動をできるようにしなければならないという考えがあります。

教育の基本のキともいえる教育基本法の第一条

人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び

社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成

社会の形成者っていうのは

目上の人の意見に従って
右習えで他と同じ行動をする人を指してるんでしょうか?

指導できる人がいないから

指導者は普通の教員です。

担当のスポーツのルールもよくわかっていなかったりします。
僕が教えに行っていた高校で監督に言われました。

監督
こいつらは精神力が弱くてチャンスでシュートを外すんだ。
精神力をつけるためにキツイ筋トレを教えてくれ

キツイ筋トレをしたってチャンスでシュートが入るようにはなりません。

しかし、それを的外れな意見だと伝えると

監督
いや、テレビで言ってたし
勉強不足なんじゃないの?w

って返ってきます。

そしてテレビで言っていたのは、タレントだったようです。

これが普通の教員の運動に対する知識レベルかどうかはわかりませんが

改善したいという気持ちがあるだけまだマシですね。

昔からそうだから

顧問の先生が転勤によって変わることがありますよね。

その時に部活動の担当を教員が受け継ぐわけですが

とりあえず問題がなかったので今まで通りの練習方法を前任者から受け継ぐということです。

そしてその人も転勤するときには問題が起きなかった練習方法を伝授していきます。

ですから、昔から続くような練習方法が脈々と受け継がれていくのです。

「水は飲むな」も「根性がたりない」も実はまだ結構言ってますよ。

 

効率的な練習とは

  1. 識者による管理指導
  2. 自分たちで考える主体的な練習
  3. 競技別のフィジカルトレーニング

この3点が必要です。

識者による管理指導

その競技の知識をもった人による練習の管理と指導が必要です。

例えば

  • テニス肘になりやすそうなフォームの子にはフォーム指導
  • 筋力と柔軟性不足によって練習についていけなくてケガの危険性が高い子にはフィジカルトレーニングの時間を別に取ってあげる
  • 普通の練習では物足りない子には1段階高いレベルの練習をさせる

といったその子にあった練習方法とケガをさせないためのリスク管理ができるのは

実際にその競技を長年やっていた人しかわかりません。(一流のトレーナーは金額的に現実的でないので考慮していません)

自分たちで考える主体的な練習

自分がどうなりたくて、どんな動きをしたいかを考えてそれを識者に伝える

そのうえで何故そうなりたいかとか、それがチームにとって(団体競技の場合)どんないいことがあるのかをノートとかエクセルとかに書いておく。

チームや自分の方向性も自分達で考えていく。

これによって自分が何ができるか?何が足りないか?が明確になっていってどんどん実力が付きます。

実力が付くと成功体験によって更に考えるようになり、癖がつきます。

僕はこちらの方が「社会の形成者として必要な資質」じゃないかなと思うんですよね。

 

競技別のフィジカルトレーニング

やっぱり最終的には身体能力が高い方が有利ですから

競技によってはいらない筋肉をつけてしまうこともあるのでここでも識者の指導が不可欠ですね。

バランスが必要な競技ならば、バランスをとれる体にする必要があります。

逆に瞬発力のみ必要な競技だったら持久力はいらないわけです。

そういった無駄なトレーニングはなくしていき、本当に重要な部分だけトレーニングするべきです。

 

まとめ

 

部活週休2日になったら公立高校は練習を効率化するべき

効率的な練習のためには

  • しっかりとした指導者
  • 主体的な練習
  • フィジカルトレーニング

これが必要です。

スポーツ庁が掲げるガイドラインによると

学校に指導者を呼ぶための予算をどうやらある程度は割いてくれるようです。

教員の負担も減って生徒たちもより部活動に打ち込めますし、週休が2日になることで別のことをする時間ができます。

僕は短時間で効率的な練習で全国大会にでてくる公立高校がみたいです!

以上!

スポンサードリンク

オススメ記事一覧

1

こんにちは。カケルです。 先日にこんなことを書きました。 そのなかで、ディズニーとベネッセの体験レッスンを受けてみましたので、違いを書いていきます。 お互いの体験レッスンを比べてみてわかったことを書い ...

2

こんにちはカケルです。 先日にディスニーの英語教材の体験レッスンを息子が受けました。 早期から始めたほうがいいのはわかってはいるもののここまで後回しにしてしまっていました。 今回の体験レッスンで色々調 ...

baby 3

自分の子がハイハイしたり歩き出したりする時期って気になりますよね。 お隣の子はもう歩くどころか走ってる。 お前のとこの子まだ歩かないの? 一升餅をもって歩けない子は将来は運動が苦手な子になる。 これら ...

-どうでもいい話

Copyright© イクメンになりたい , 2018 All Rights Reserved.